TOP > 新潟大学法学部とは

新潟大学法学部とは

法学部の教育

求める学生像

自分の可能性を発見し、才能を開花させ、よりよい社会の実現に貢献しようと志し、
そのための努力を惜しまない、元気と意欲のある学生

教育理念

◆法化し、情報化、地域化、国際化する社会で活躍できる、法的素養を備えたジェネラリストを育成する。
◆「個人の尊厳」を尊重し、「高い人権意識」を身につけた人材を育成する。
◆歴史や文化、価値観の違いを理解し、地域社会や国際社会で活躍できる人材を育成する。

教育内容・特色

教育内容

・学生の進路志望に応じた多様な法律系科目と政治系科目を用意しています。

・基礎教育・専門基礎教育・社会人準備教育という3段階の教育課程を設定し、専門性を深めていくための積み上げ型の教育を行っています。

特色

・多彩な演習授業の開講と双方向的・多方向的少人数教育の充実
・「現場主義」を重視した教育、地域に根ざした教育の実施
・自己表現・プレゼンテーション能力開発の重視
・段階別教育目標の設定による入学から卒業までの一貫したカリキュラムの編成
・「問題発見」、「課題解決」能力を養成するカリキュラムの編成
・基礎講義科目・基礎演習科目の開講による基礎能力の涵養
・担任制・面談制によるきめ細かな指導

新潟大学法学部のあゆみ

1870
共立病院(のちの旧制新潟医科大学)設立
1874
官立新潟師範学校
(のちの新潟第一師範学校)設立
1919
新潟高等学校、新潟医科大学、新潟第一師範
学校、新潟第二師範学校、新潟青年師範学校、長岡工業専門学校、新潟県立農林専門学校(いずれも旧制)の7つの官立学校が相次いで設立される
1949
国立学校設置法公布の学制改革により新制新
潟大学発足
人文学部、教育学部、理学部、医学部、工学
部、農学部の6学部
1977
人文学部を法文学部と改称
1980
法文学部を人文学部、法学部、経済学部に
改組
1994
法学科、法政コミュニケーション学科の2学
科に改組
1995
夜間主コースを設置(2004年度募集停止)
2004
国立大学法人化
法学科と法政コミュニケーション学科を統合、1学科体制に
大学院実務法学研究科設置(2015年度募集停止)

 新潟大学法学部は、1949年に新設された新潟大学人文学部社会科学科の法律課程にさかのぼります。1980年に法文学部(1977年に人文学部から改称)が人文学部、法学部、経済学部の三学部に改組され、新潟大学法学部として独立しました。

 その後1994年に、急速な国際化・情報化の進展にともなって複雑化した現代社会に対応するため、教育課程の改訂・学科の改組を行いました。従来の法学部教育を提供していた法学科に加えて、コミュニケーション能力や政策立案能力に優れた人材の育成を主眼とした「法政コミュニケーション学科」が、全国で唯一の学科として新設されました。この学科では、法学・政治学に外国語や情報処理関連の教科の履修をプラスしたユニークなカリキュラムが提供されていました。

 2004年の国立大学法人化に伴う改組と社会の変容に伴い、法学科と法政コミュニケーション学科を統合し、それまでの二学科の教育・研究の特色を併せ持つ「新・法学科」として再出発しました。時代の変化に常に対応するために、「新・法学科」について検証しながら引き続き新たな法学部像を求めています。

ページの先頭へ

学部長のメッセージ

学部長写真

Profile

  • 【プロフィール】
  • 1974年宮城県生まれ。筑波大学国際関係学類卒業、一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了。
  • 専門は国際法・国際人権法。
  • 新潟の冬の気候にはまだなじめないものの、これを経験すれば世界のどこでも暮らしていけると考えている。
  • 2019年4月より法学部長。
視野を広げ、能力を高め、可能性を広げるために

大学は高校と比べれば様々な点で「自由」であると言われています。好きなことを自由にできるということは、学生の特権の一つであるとも言えます。その「好きなこと」とは具体的に何でしょうか。興味のあることを突き詰めて勉強すること、資格を取ること、留学のために語学力を磨くこと、地域に貢献するために様々な活動に取り組むこと、その他にもサークル・アルバイトや恋愛も含む様々な人間関係を築くこともあるでしょう。何を選択し何に没頭するかは、皆さん次第です。別の言い方をすれば、皆さんには様々な可能性と未来があるということです。

そして、そういった日々の中から皆さんが「やりたいこと」「やるべきこと」「できること」を見据え、将来の「なりたい自分」を模索していくのが大学で過ごす時間の意味なのではないかと個人的には考えています。興味のある学問分野を突き詰めることや、司法試験や公務員試験に向けた勉強や語学などの能力を高めたり、地域に根ざした活動をしたり、その他にも社会に出ていくに際して必要なスキルやマナーを身につけたりと、方向性は様々です。実は、上に挙げたようなことはすべて新潟大学法学部で身につけることができます。つまり、新潟大学法学部は皆さんの多様な進路を実現できる場所でもあるのです。

では、法学部とは具体的に何をするところなのでしょうか。一言で言えば、社会における諸問題の解決に資する「能力」と「考え方」を身につけるところだと言えます。法学部は確かに法や法律について勉強するところです。なぜ法律なのか。それは法の背景にある考え方を通じて、社会の様々なことを考えられるようになることを目指しているからです。そのような考え方を身につけているからこそ、法学部出身者は社会の様々な場面で活躍できるのです。新潟大学法学部ではそのために、分野・領域横断的な広い視野とともに課題解決能力を備えることができるようなカリキュラムを提供しています。現代社会は複雑さを増しており、社会問題を見つめ解決策を考えるにも、様々な観点からの検討が必要です。AI(人工知能)、自動運転、生殖医療、国家間の貿易摩擦などはほんの一例ですが、法律・政治の観点を中心に分野・領域横断的な観点を持たないと十分にその全体像を見渡すことができません。法の考え方を身につけると共に、広い視野から物事を考えられるようになることが、皆さんの能力を高めかつ社会で活躍するために必要なことだと、新潟大学法学部では考えています。

法曹・公務員・民間企業・国際社会など皆さんの活躍できる舞台は多種多様です。皆さんが広い視野を身につけ、高い能力と広い可能性の中から自らの「やるべきこと」「やりたいこと」を見定めて将来の社会で活躍できる人間となることを私たちは全力で応援します。

ページの先頭へ

TOP | カリキュラム | 受験案内 | 学生生活とサポート | 卒業後の進路状況