TOP > カリキュラム

カリキュラム

光陰矢のごとし

カリキュラム

新大法学部3つの学習ステップ

学生一人ひとりの着実かつ効果的な学習を推し進めるため、新潟大学法学部は、
大学の4年間を、3段階の教育ステップに分けてカリキュラムを設計しています。

3ステップイメージ図

これにより、入学から卒業までの4年間を有効に活用することが可能となり、
卒業後の「将来像」実現のための必要な能力を身につけることができます。

導入教育+基幹科目教育:高校生から大学生へ、大学生から法学部生へ

・リーガル・スタディ I・II

ノートの取り方、文章の要約やレポートの作成法など、大学生としての基本的な学習のための技法(スタディ・スキルズ)のみならず、プレゼンテーションや討論を通じて法学部生として基礎的な知識や技術を習得することを目的としている。大教室での講義(大クラス)と少人数での実習(小クラス)を組み合わせて、効果的な技法の習得を図ります。

・リーガル・システム A・B

法学部で学ぶための必要な知識を身につけ、専門的な学習のための基礎学力を身につけることを目的とした科目です。リーガル・システムAでは、民事法・刑事法を中心に、リーガルシステムBでは、公法、政治学、行政学を中心に、様々な専門分野の教員がオムニバス形式で講義を行い、専門教育への案内役の役割も果たします。

・基幹講義科目・基礎演習科目

法学部は憲法・民法・刑法・政治学の4科目を基幹として位置付け、知識をインプットする「講義科目」と、アウトプットを目的とする「基礎演習科目」をセットで受講することにより、法学・政治学の基礎となる概念やしくみの定着を図ります。

 

専門基礎教育:専門を深めつつ、視野を広げる

・各種法律系・政治系科目

STEP1で体得したスキルと知識をもとに、法学・政治学の専門を深めていきます。

・現場主義

新大法学部では、各界の第一線で活躍されている方々をお招きし、講義室に現場を取り入れるユニークな授業を行っており、インターンシップと併せて「現場主義」を実現しています。特定の分野にスポットを当てて講師を招く「弁護士と法」「司法書士と法」「新潟市の行政」「企業法務」のほか、多様な分野の講師による「賢人会議」があり、いずれも人気の講義です。

社会人準備教育:大学生活の集大成、そして社会人へ

・インターンシップ

新潟大学法学部の特徴の一つである「現場主義」を体現する試み。将来の職業選択の参考とするため、様々な業界の現場において1~4週間にわたって就業体験を行い、それに対して単位認定を行っています。実習先は金融・メーカー・サービス業・官公庁と多岐にわたります。「働くこと」の意味を見つめ直し、就職活動に向けての絶好のモチベーション向上の機会となっています。

・法政演習 I・II

各教員の専門分野をより深く理解することをも目的として、3年時からゼミ(法政演習)に所属します。ゼミの中で、学生が能動的に調査・報告・議論することで知識を深化させると同時に、他者と協調することを通じて社会人として必要な能力の基礎を身につけていきます。

・卒業研究 I・II

法政演習と同じ教員の指導のもと、4年間の研究・学習の成果を「ジュニア・リサーチ・ペーパー」(JRP・卒業論文)にまとめる必修科目です。各自が興味を持ったテーマを設定した上で追求し、1万字以上の論文を執筆します。また、例年1月末にはJRP発表会が開催され、多数の学生や教員の前で論文のプレゼンテーションを行います。

新大法学部の多彩な学び

3つのファウンデーション
新潟大学法学部では、導入教育・基幹科目教育による基礎的理解を土台に、「少人数教育」・「現場主義」・「国際交流」を展開することで、多彩な学びの場を提供しています。
少人数教育

教員の支援の下で学生がその個性に応じて主体的に報告と議論を行うことを通じて、法学・政治学についての理解を深め、ものごとを多面的に洞察する能力を養います。これにより、様々な問題を発見する能力、自ら考え表現する能力、ともに考えるためのコミュニケーション能力が養われ、ひいては社会で通用する実践的な総合力を身につけることにつながります。 3年時からはゼミに所属し、教員と学生の距離が近づき、学びの幅が広がります。

現場主義

実社会と学問の世界とを往復することで、相互の連携を学生に強く意識してもらうことを目的としています。これにより、自らの適正や職業につく意味など、実社会における自己を考える契機となり、翻って法学や政治学を再発見することにつながります。

国際交流

外国語で法学・政治学を学ぶ授業をはじめ、海外セミナー開催や語学試験対策への支援体制も整えています。視野を大きく広げ「法学・政治学」+「外国語」を活かして国際的な活躍を目指す学生を育成します。また、協定校締結大学へ留学する制度があり、そのうち、「学生交換協定に基づく留学」の場合は、留学期間を含めて4年で卒業することも可能です。

TOP | 新潟大学法学部とは | 学生生活とサポート | 卒業後の進路状況 | 先輩の声