TOP > 国際交流

国際交流

海外で受ける刺激と養われるグローバルな感覚。それが、一生の財産に

外国人スタッフの採用、1年間の交換留学制度をはじめ、“プチ留学”などの新しい試みも始まっている。
こうした活発な国際交流は、新潟大学法学部の自慢のひとつ。


ソウル・スタディー・ツアーに参加して

 私は法学部2年の西野未来です。今回2016年3月14日〜18日の5日間「ソウル・スタディー・ツアー」というプログラムで韓国のソウルに行ってきました。今回このプログラムに参加した理由は、元々高校...


ソウル・スタディー・ツアーに参加して

 私は法学部2年の西野未来です。今回2016年3月14日〜18日の5日間「ソウル・スタディー・ツアー」というプログラムで韓国のソウルに行ってきました。今回このプログラムに参加した理由は、元々高校の頃からK-POPや韓国ドラマが好きで大学に入り本格的に韓国語を学び始めたのですが、実際に韓国に行く機会も韓国語を試す機会もなかったため自分の韓国語力を試してみたいと思ったからです。

 「ソウル・スタディー・ツアー」の前に北京短期派遣プログラムにも参加したので、初海外、初韓国ではなかったのですが、ソウルを満喫することができなかったため今回のプログラムで様々な場所へ行き、多くのことを感じることができました。今回のプログラムでは現地での講義はなく、主に歴史的な場所を巡ったり国会や大統領官邸などに行きました。その中でも印象に残っているのがDMZのツアーの板門店です。ここは共同警備区域(JSA)と呼ばれ、軍事境界線を堺に国連軍(アメリカ軍と韓国軍)と北朝鮮軍が警備をしていて、一番緊張感がありました。今回このプログラムに参加して実際に行くまでは知ることのなかった韓国を知ることができ、とても貴重な経験をすることができました。それと同時に今回行くことのできなかった多くの場所に行ってみたくなりました。韓国語の方は使う機会もありましたが自分の語学力不足を感じました。韓国についても韓国語についてもまだまだ勉強をしなければならないと感じることができたプログラムになりました。

2016-03-23

北京短期派遣プログラムに参加して来ました

北京短期派遣プログラムに参加して来ました

 私は法学部1年の佐々木海翔です。この度2016年2月29日〜3月11日の12日間、「北京短期派遣プログラム」に参加して来ました。

 本プログラムで私は初めて小さな日本という社会から飛び出しました。一つの国境線を越えると隣国で同じ東アジア、かつ同じ漢字圏の国であるにもかかわらず、違う文化が形成され、人の気質も大きく異なっていました。また、世界遺産を数箇所巡りましたがその全てのスケールや空間が圧倒的でした。京都やソウルで世界遺産や文化財を見たときよりも大きな衝撃を受けたというのが正直な感想で、中国の皇帝の対内・対外的影響力を身にしみて感じました。

 本プログラムの主目的は、北京大学で講義を受けることにありました。中国からの目線で中国国内問題と国家間の問題を講義して頂きました。北京大学は中国でも最高学府に位置付けられていますし、日中の関係がそれほど良好ではない今、中国を代表する研究者の意見を直接聞ける本プログラムのような機会はとても重要だと考えます。

 本プログラムは引率の真水先生が適宜通訳をして下さいました。ですから、私のように中国語が必ずしも十分にできなくても参加することができます。しかし、本プログラムに参加したことにより、かえって語学への勉強意欲が増したとともに、留学への意欲も強くなりました。

2015-09-18

JENESYS2.0中国大学生訪日団と本学学生が交流しました

JENESYS2.0中国大学生訪日団と本学学生が交流しました

9月17日に、外務省が実施するJENESYS2.0の一環として訪日団約100名が新潟大学法学部を訪問しました。「JENESYS2.0」は2007年から行われた「JENESYS(21世紀東アジア青少年大交流計画)」の後継として、アジア大洋州諸国との間で、3万人規模の青少年交流を実施するものです。

今回の訪日団のうち60名が法学、30名が国際関係を学ぶ大学生で構成されていたことから、まず土屋武先生による「表現の自由から見る日本の憲法事情」と題して模擬授業が行われました。その後、本学の法学部の学生25名を含む計42名の学生たちとの交流会に参加しました。新潟の名所や名産など様々な話題を通して、英語や中国語で同世代同士楽しく交流ができました。限られた時間でしたが、お昼ご飯を一緒に食べながらあっという間に打ち解けていました。

2014-02-06

第4回ジョイント国際セミナーを開催しました

第4回ジョイント国際セミナーを開催しました

1月25日に、新潟大学法学部主催(新潟大学法学会共催)第4回ジョイント国際セミナー「自由貿易協定の法的・政治的インパクト」を開催しました。

交流協定校を中心に、韓国・中国・シンガポール・カナダ・イギリス・ドイツからゲストを招待し、上記トピックについて議論が交わされました(ビデオメッセージによる基調講演を含む)。

多くの学生・教員・一般の方のご参加を頂きましたこと御礼申し上げます。

また、カナダ・アルバータ大学のホームページにてイベントの紹介がありました。

2014-01-08

第4回ジョイント国際セミナーを開催します。

第4回ジョイント国際セミナーを開催します。

新潟大学法学部第4回ジョイント国際セミナーを下記要領にて開催致します。今回は交流協定校を中心に海外から5名の先生方が参加されます。どなたでもお気軽にご参加ください。

新潟大学法学部第4回ジョイント国際セミナー
テーマ「自由貿易協定の法的・政治的インパクト(Free Trade Agreements - Political and Legal Impact)」

日時:2014年1月25日(土)10:00〜17:00 (予定)
場所:人文社会科学系棟F棟5階 大会議室

発表者
Hans-Michael Wolffgang氏(ミュンスター大学法学部教授)[ビデオメッセージによる基調講演]
曲博氏(中国外交学院副所長)
Chung Chan-Mo氏(仁荷大学法科大学院教授)
Deborah K. Elms氏(南洋理工大学Temasek Foundation Centre for Trade & Negotiations《TFCTN》所長)
神田豊隆氏(新潟大学法学部准教授)
Linda C. Reif氏(アルバータ大学法学部教授)
Clair Gammage氏(ブリストル大学法学部講師)

セミナーは英語で行われます。通訳はありません。
問い合わせ:新潟大学法学部資料室 長谷川 tamako@jura.niigata-u.ac.jp
終了後、17:30よりレセプションを行います。参加者には、当日会場にて会費1,000円をいただきます。

>> 新着情報 一覧へ
Voice

西安の中心に位置する鐘楼で、夜景はとても美しいです。

“近くて遠い国”への留学

 川村 昌優さん

 私は2015年9月から2016年7月まで、学部間交流協定校の中国・北京大学に留学していました。

【留学のきっかけ】
 大学に入学後、新潟大学に留学している中国人学生との交流などを通じて、距離的には近いけれど心理的には少し遠いなと感じていた中国に興味がありました。在籍中に長期間日本を離れて異なる環境で勉強してみたいという希望もあったことと相まって、中国への留学を決めました。留学に際し、家族の反対や心配する気持ちもあったかとは思いますが、私を快く送り出してくれたことにとても感謝しています。

【留学の思い出】
 留学当初、心細い思いをしていたころ、帰宅後にいつも私の心を温かくしてくれたのが5人のそれぞれ異なる国から来たルームメイトでした。お互いの共通言語である中国語を通じて、拙いながらも語り合ったことはとても良い思い出です。また、日中交流会にも積極的に参加し、日本に興味がある多くの中国人学生と交流することができました。中国人学生の何でも吸収しようという好奇心旺盛な姿勢に大いに刺激を受けるとともに、日本のことについて聞かれても十分な説明をできないことに不甲斐なさを感じ、中国だけでなく自国のこともより理解したいと改めて感じました。

【留学を通じて得たもの】
 留学中の多くの出会いや縁はとてもかけがえのないものでした。多様な考えに触れ、ある側面からの視点がある物事をまったく逆の側面から見てみると、様々な発見がありました。実際に聞いて、自分の目で見て物事を判断することが大事だと思います。また、一外国人として現地で生活したことは自分が立っている「位置」を深く考えさせられました。留学によって自分自身が大きく変わったことはありませんが、たくさんの経験をしたことが貴重な財産になったと感じています。

≫先輩の声

Voice

ミュンスターの湖

留学は通過点に過ぎない

 来島 美保子さん

2015年9月から2016年8月まで、新潟大学の交換留学協定のもとドイツ・ミュンスター大学に留学していました。

【留学した理由】
 多方面の先生方からの推薦、留学経験のある先輩方との関わり、両親の留学に対する理解、金銭面の全面援助がありました。当初、留学は行きたい人が行くのが正しいのだという考えを持っていましたが、改めて考えてみたときに、せっかく外国で勉強する機会があるのならそれを無駄にすることなく真剣に取り組みたいと決心しました。

【留学中の経験】
 企業インターン、休暇中のホームステイ、3ヶ月のオーケストラ団員、乗馬、ボランティアなど多数ありますが、一番印象的なのは趣味の一環である茶道、華道、お着物、柔道などの知識や経験を活かせたことです。ドイツで日本の文化を披露することは絶対に無いと思っていたのですが、実演と簡単なプレゼンをしました。流暢なドイツ語ではありませんでしたが、人々が真剣に耳を傾けてくれ、色々質問されたり聞き直されたりしてドイツ語の鍛錬になりました。

【留学を考えている人、いない人へ】
 留学はしてもしなくても良いと思います。どちらが正しいのか分からないというのが実際のところです。しかし、挑戦してみるのも1つの選択なのかもしれません。私は留学中に人一倍の恥をかき、失敗しました。苦しかったときや死ぬほど悔しかったときもあります。これからの人生の中でこの留学が先に進むための通過点であると考えた時に、多くの恥が失敗がそして経験が私を強くしてくれると信じています。
 
 最後になりますが、今回留学するきっかけをくださった多くの方々、様々なサポートや温かく送り出してくれた両親に深く感謝しています。本当にありがとうございました。

≫先輩の声

「世界」を変えるチャンス / 福田 涼さん

私は2015年4月〜2016年3月まで1年間の休学を伴いながら、カナダのアルバータ大学に留学しました。

◎留学という選択
 他国で生活してみたいという高校生の頃からの夢を叶えようと実際に考え始めたのは大学2年次でした。今まで学んできた英語をより伸ばしたい、北米への憧れなどからアルバータ大学に行こうと決意しました。

◎「出会い」の多さ<...

Voice

トロントのナイアガラの滝に行くのも、私の夢の一つでした。

「世界」を変えるチャンス

福田 涼さん

私は2015年4月〜2016年3月まで1年間の休学を伴いながら、カナダのアルバータ大学に留学しました。

◎留学という選択
 他国で生活してみたいという高校生の頃からの夢を叶えようと実際に考え始めたのは大学2年次でした。今まで学んできた英語をより伸ばしたい、北米への憧れなどからアルバータ大学に行こうと決意しました。

◎「出会い」の多さ
 様々な国・地域の人々との交流を通して自分の視野や価値観を広げることができたのは、私が留学を通して得た大きな成果の一つです。日本では全く取り組んだことがなかったボランティアに意欲的に参加するなど、沢山の人と出会うチャンスを自ら掴むことを何よりも大切にしました。異なる価値観をぶつけあいながら世界各国の人々と友情を深めたことは、カナダという国だからこそ成しえた貴重な経験だったと思います。

◎留学を考えている人へ
 アルバータ大学へ行くにあたって、私費留学に伴う学費は必ず考えなければなりません。しかし、そこで得るものはお金では買うことのできないものばかりです。長い人生の中でのたった一年間でしたが、私の中では一生忘れることのない貴重な一年になりました。

 英語が苦手だから、人見知りだからといった理由で敬遠している人も多いと思います。大切なのは自ら挑戦しようとする意思です。カナダには自分を変える様々なチャンスがあなたを待っています。少しだけ勇気を出してあなたの「世界」、変えてみませんか?

≫先輩の声

一歩前へ踏み出そう! / 里村 莞さん

私は2014年9月から2015年7月までの約1年間、中国の北京大学に留学しました。

●留学の動機
 動機についてですが、正直はっきり覚えていません(笑)。ただ私が高校生のころ、尖閣問題などで日中関係が悪化したことなどにより、私は当時中国に関してある程度関心を持っていました。そして大学生になって中国語を学び始めたことなどにより中国へ行ってみたいという...

Voice

あの有名な盧溝橋にも行けます

一歩前へ踏み出そう!

里村 莞さん

私は2014年9月から2015年7月までの約1年間、中国の北京大学に留学しました。

●留学の動機
 動機についてですが、正直はっきり覚えていません(笑)。ただ私が高校生のころ、尖閣問題などで日中関係が悪化したことなどにより、私は当時中国に関してある程度関心を持っていました。そして大学生になって中国語を学び始めたことなどにより中国へ行ってみたいという好奇心が生まれ、北京大学への留学を決意したのだと思います。

●留学の思い出
 たくさんありますが、やはり多くの人びとと交流したことだと思います。中国の人びとや他の国の外国人だけでなく、同じく北京大学に留学にきている日本人や北京で働いている日本人と交流し、自分の視野を大きく広げられたことが、私の留学の思い出であり、大きな成果であったと思います。また後期は北京大学の法学院へ進み、専門である法律を勉強しました。北京大学という名門大学で、また中国語を使って専門を学べたことは、日本では決してできない貴重な体験だったと私は思います。

●後輩へのメッセージ
 大切なことは、一歩前へ踏み出すことです。その一歩はあなたにかけがえのない時間と体験を与えます。実際、中国は危険な国家だと考える人は多いです。確かに中国は決して安全な国とは言えないと思います。しかし中国で約1年間生活した私が思うに、そういった環境で生活することで、真実が徐々に見えてくるのだと思います。みなさん、頭に浮かぶ先入観を捨て、勇気を持って一歩前へ踏み出してみませんか?その一歩は決してあなたを裏切ることはないでしょう。中国への留学生がますます増えていくことを私は希望しています。

≫先輩の声

留学は人生の糧 / 佐藤 綾花さん

 私は、2014年4月〜2015年3月までの1年間、ドイツのマクデブルクという都市にある、大学間交流協定校のオットー・フォン・ゲーリック大学で、留学を経験しました。

■ドイツ留学に至るまでの経緯
 外国語に対する苦手意識を克服し、自分を高めたいという思いから、大学入学当初より1年間の留学を考えていました。父親の仕事の影響で、外国の中でもドイツが身近...

Voice

マクデブルクのクリスマスマーケット。奥には市庁舎、教会も

留学は人生の糧

佐藤 綾花さん

 私は、2014年4月〜2015年3月までの1年間、ドイツのマクデブルクという都市にある、大学間交流協定校のオットー・フォン・ゲーリック大学で、留学を経験しました。

■ドイツ留学に至るまでの経緯
 外国語に対する苦手意識を克服し、自分を高めたいという思いから、大学入学当初より1年間の留学を考えていました。父親の仕事の影響で、外国の中でもドイツが身近な存在であったこと、学部1年次に初修外国語としてドイツ語を履修したこと、そして2年次に、家族がドイツ出身の留学生を受け入れ、実家暮らしである私も共に生活したことの3点が、ドイツを留学先として選んだ主なきっかけです。

■印象に残った留学先での体験
 夏休みに、柔道を習う日本人とドイツ人の子ども達の交流合宿が、留学先の大学と同じ州にある施設で行われました。通訳のボランティアとして合宿に携わった私は、柔道に関する知識もなく、拙いドイツ語での会話に大変苦労しました。しかし、参加者との連携を大事にしたことで、専門用語の通訳に関してアドバイスを頂けたり、練習内容が充実したりする結果に繋がり、やりがいを感じることも出来ました。

■留学を通して得た学び
 留学中は、何度も言葉の壁にぶつかり、考え方の違いによる困難も多く生じましたが、幸いにも人の縁に恵まれ、留学先で出会った友人、大学の職員の方々に支えられながら、問題を一つずつ解決してきました。世界各国から集まった留学生やドイツ人との交流により刺激を受け、多様な意見に耳を傾けられる柔軟性を持った、自己への成長を実感しています。また、人との繋がりを重視し、積極的に信頼関係を築いていく姿勢を学びました。

 ドイツで過ごした1年間は、私にとって、今後の人生の糧となりえる貴重な時間でした。皆さんにも、留学に限らず自分の関心を追求し、時には思い切って挑戦することをお勧めします。

≫先輩の声

学部間交流協定締結大学

ブリストル大学

「宝島」の舞台となった港町、ブリストルにあるイギリス人学生に人気の高い大学。

ミュンスター大学

ミュンスター大学は、学生数4万5千人を超えるドイツ有数の大学で、法学部はドイツでトップクラスに評価されている。

北京大学

かつて燕京の美名で呼ばれた古都北京にあり、1998年に創立100周年を迎えた中国屈指の名門大学。その名を知らない人はいないだろう。

精華大学

1911年創立。工学部を中心とするが、
総合大学として、北京大学と双璧をなす中国屈指の名門校。

仁荷大学

仁川特別市にある名門の総合大学。1954年創立。新設の法科大学院を擁する。ソウル新国際空港のある仁川は、海に近い美しいキャンパス。

アルバータ大学

カナダ中西部にあり、同国で2番目に規模が大きい大学。本学部との交流がさかん。

中国人民大学

建国後に創立した最初の大学で、人文社会系を主とした総合大学である。多くの公務員を養成し、中国大学ランキングでは5位内に入る。

北京外国語大学

中国外務省所轄の外交官養成校が原点。大使を務めた卒業生は400人を超える。72カ国語の養成コースをもつ。

大学間交流協定に基づき法学部学生の留学実績のある大学

ナント大学

フランス第2の規模を誇る大学。ナントは世界遺産に登録されている古くからの町並みが残る一方で、「ラ・フォル・ジュルネ」発祥の地でもある。

アンカラ大学

首都アンカラに所在する国内最古の大学で、15学部を有する国立総合大学。政治・経済・産業界に多大な貢献を行っている。

※全学交流協定大学について詳しい内容は新潟大学Webサイトへ

ページの先頭へ

TOP | FAQ | 学生生活とサポート | 卒業後の進路状況 | 法学部生が語る | 先輩の声