TOP > 新着情報
よくある質問など

新着情報

All News
  • その他
  • イベント情報
  • 教員の活躍
  • 入試関連
イベント情報
[1] ≪前の5件  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |    次の5件≫ [25]
写真拡大

2015/12/01

スピーチコンテストを開催しました

2015年12月1日(火)に毎年恒例の法学会主催スピーチコンテストを開催しました。今年はドイツ語部門2人、中国語部門3人、英語部門3人がそれぞれエントリーをし、留学先での体験や異文化を通して感じたこと、また自分の趣味について熱く語ってくれました。聴衆も学部学生の他、留学生たちも参加。スピーチの内容はもちろん、スライドを工夫するなどして昨年度より更に盛り上がる大会になりました。

写真拡大

2015/12/01

公法研究会開催のお知らせ

日 時: 12月15日(火) 18:00開始
場 所: 人社系棟B棟2階 第一会議室
報告者: 今本 啓介 (新潟大学准教授)
判例報告: 「債務免除益が給与等に当たるとされた事例」
平成26年(行ヒ)第167号納税告知処分等取消請求事件(最高裁判所平成27年10月8日第一小法廷判決 LEX/DB: 25777491 裁判所HP)

※ゲスト参加,学生・院生のオブザーバー参加,歓迎します。出席に関する事前届出は不要です。

写真拡大

2015/10/16

公法研究会開催のお知らせ

日 時: 10月27日(火) 18時開始
場 所: 新潟大学人文社会科学系棟B棟2階 第一会議室
報告者: 渡辺 豊 (新潟大学准教授)
判例報告:医療を受ける権利と在留特別許可
退去強制令書発付処分等取消請求事件(東京地方裁判所平成27年6月16日判決、LEX/DB文献番号:25530374)

参考文献:近藤敦・塩原良和・鈴木江里子編『非正規滞在者と在留特別許可』(日本評論社、2010年)
野口貴公美「『在留特別許可に係るガイドライン』の裁判上の位置づけについて」法学新報119巻7=8号(2013年)365-398頁

※ゲスト参加,学生・院生のオブザーバー参加,歓迎します。出席に関する事前届出は不要です。

写真拡大

2015/09/30

平成27年度若者と若手議員による政治・選挙に関する意見交換会について

平成27年度若者と若手議員による政治・選挙に関する意見交換会が下記の要領で行われます。

1 目的
若者の政治意識の向上を図るため、大学生と若手議員との意見交換を通じ、相互理解を深めるとともに、若者の政治参加・投票参加の向上策を検討する。

2 主催
新潟県明るい選挙推進協議会、新潟大学法学部附置地域政策協働センター
全国若手市議会議員の会北信越ブロック

3 日時
(1)期日:平成27年11月14日(土)
(2)時間:14時30分〜17時

4 場所
新潟大学五十嵐キャンパス人文社会科学系棟F棟 5階 大会議室

5 参加者(6グループ)
(1)若者(30人程度)
新潟大学学生、Niigata選挙カレッジ生、高校生
(2)市議会議員(12人)
・新潟市議 :小柳 聡 氏 ・加茂市議 :大平 一貴 氏
・長岡市議 :深見 太朗 氏 ・十日町市議:大嶋 由紀子 氏
・柏崎市議 :上森 茜 氏 ・見附市議 :渡辺 美絵 氏
・小千谷市議:久保田 陽一 氏 ・魚沼市議 :本田 篤 氏
・小千谷市議:長谷川 有理 氏 ・松本市議 :小林 あや 氏
・加茂市議 :浅野 一明 氏 ・佐久市議 :大井 岳夫 氏

6 内容(日程表のとおり)
【テーマ】「選挙権年齢の引下げと地方政治」
(1)基調講演(30分)
新潟大学法学部 教授 田村 秀
(2)グループ討論(討論70分+発表25分)
参加者を6グループに分け、グループ内で自由に討論してもらい、
最後にグループごとに全体を通した発表をしてもらう。
(3)その他(20分)

7 役割分担
県明推協 新潟大学 若手市議会議員の会
・グループ調整
・資料調製、報道発表
・新大生の募集、集約
・会場設営
・議員の調整


平成27年度若者と若手議員による政治・選挙に関する意見交換会(日程表)

14:00〜14:30  受  付

14:30〜14:35 開  会
 挨  拶  新潟県明るい選挙推進協議会
       会長 貝瀬 正泰

14:35〜15:05(30分) 基調講演
「選挙権年齢の引下げと地方政治」
       新潟大学法学部 田村 秀 教授

15:05〜15:10 休  憩

15:10〜16:20(70分) グループ討論 
 ・選挙権年齢の引下げについて
 ・若者は地方政治にどのように関わっていくべきか

16:20〜16:30 休  憩

16:30〜16:55(25分)
グループ討論のまとめ・発表(3分×6グループ)

16:55〜 閉  会
 挨  拶  全国若手市議会議員の会北陸信越ブロック
代表 久保田 陽一(小千谷市議会議員)

写真拡大

2015/09/18

JENESYS2.0中国大学生訪日団と本学学生が交流しました

9月17日に、外務省が実施するJENESYS2.0の一環として訪日団約100名が新潟大学法学部を訪問しました。「JENESYS2.0」は2007年から行われた「JENESYS(21世紀東アジア青少年大交流計画)」の後継として、アジア大洋州諸国との間で、3万人規模の青少年交流を実施するものです。

今回の訪日団のうち60名が法学、30名が国際関係を学ぶ大学生で構成されていたことから、まず土屋武先生による「表現の自由から見る日本の憲法事情」と題して模擬授業が行われました。その後、本学の法学部の学生25名を含む計42名の学生たちとの交流会に参加しました。新潟の名所や名産など様々な話題を通して、英語や中国語で同世代同士楽しく交流ができました。限られた時間でしたが、お昼ご飯を一緒に食べながらあっという間に打ち解けていました。

[1] ≪前の5件  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |    次の5件≫ [25]
  • その他
  • 映像トピックス
  • イベント情報
  • 教員の活躍
  • 入試関連
  • 最新活動報告
All News

TOP | 教員一覧 | FAQ | 先輩の声 | 資料ダウンロード | お問い合わせ