TOP > 教員一覧 > 教員紹介
法律学と政治学のプロフェッショナル

法律系科目教員

教員一覧
  専門分野:刑事法
稲田 隆司
INADA Takashi
プロフィール

出身大学:新潟大学 法学部

出身大学院:新潟大学大学院法学研究科
北海道大学大学院法学研究科

取得学位:法学修士 新潟大学(1992年)

所属学会:日本刑法学会

メッセージ
刑事訴訟法には、世間の「常識」に反すると思えるような規定や理論が存在します。それはなぜなのかを一緒に考えていきましょう。
著書

『アメリカ捜査法』 LEXIS NEXIS(2014年)共訳

Introducccion al Derecho Japones Actual,Thomson Reuters Limited(2013) 共著

『イギリスの自白法則』 成文堂(2011) 単著

『New Live 刑事法』 成文堂(2009) 共著

『LIVE 刑事法』 成文堂(2000) 共著

『刑法の重要問題50選?各論』 信山社(1999) 共著

論文

「身柄拘束中の被疑者取調の法的性格について」 法政理論 45巻4号 230-244(2013)

「傷害致死事件の裁判員裁判」 季刊刑事弁護 61号 72-74(2010)

「イギリスにおける自白法則の補完手段」 熊本法学 116号 87-135(2009)

「イギリスにおける裁量による不公正証拠の排除」 丸山治他編『罪と罰・非情にして人間的なるもの』(信山社)所収 209-234(2005)

「イギリスの自白法則」 白取祐司他編『激動期の刑事法学』(信山社)所収 127-166(2003)

「イギリスにおける自白の証拠決定手続」 法政理論 35巻4号 114-144(2003)

など

学外での社会活動
サイバー脅威対策協議会(2014/4 - )
新潟市いじめ防止対策等専門委員会(2013/4 - )
簡易裁判所判事推薦委員会(2012/12 - )
新潟県精神医療審査会委員(2012/10 - )
熊本県弁護士会懲戒委員会予備委員(2005/06 - 2012/05)
ページの先頭へ

TOP | 新潟大学法学部とは | カリキュラム | 受験案内 | 学生生活サポート