TOP > 先輩の声

インタビュー

卒業生の活躍や在学中の体験談など
就職、留学、ゼミのこと・・・気になることは
先輩に聞いちゃいましょう!
Category

留学体験

留学は通過点に過ぎない

2013年度入学 / 来島 美保子さん

2015年9月から2016年8月まで、新潟大学の交換留学協定のもとドイツ・ミュンスター大学に留学していました。

【留学した理由】
 多方面の先生方からの推薦、留学経験のある先輩方との関わり、両親の留学に対する理解、金銭面の全面援助がありました。当初、留学は行きたい人が行くのが正しいのだという考えを持っていましたが、改めて考えてみたときに、せっかく外国で勉強する機会があるのならそれを無駄にすることなく真剣に取り組みたいと決心しました。

【留学中の経験】
 企業インターン、休暇中のホームステイ、3ヶ月のオーケストラ団員、乗馬、ボランティアなど多数ありますが、一番印象的なのは趣味の一環である茶道、華道、お着物、柔道などの知識や経験を活かせたことです。ドイツで日本の文化を披露することは絶対に無いと思っていたのですが、実演と簡単なプレゼンをしました。流暢なドイツ語ではありませんでしたが、人々が真剣に耳を傾けてくれ、色々質問されたり聞き直されたりしてドイツ語の鍛錬になりました。

【留学を考えている人、いない人へ】
 留学はしてもしなくても良いと思います。どちらが正しいのか分からないというのが実際のところです。しかし、挑戦してみるのも1つの選択なのかもしれません。私は留学中に人一倍の恥をかき、失敗しました。苦しかったときや死ぬほど悔しかったときもあります。これからの人生の中でこの留学が先に進むための通過点であると考えた時に、多くの恥が失敗がそして経験が私を強くしてくれると信じています。
 
 最後になりますが、今回留学するきっかけをくださった多くの方々、様々なサポートや温かく送り出してくれた両親に深く感謝しています。本当にありがとうございました。
ミュンスターの湖
ページの先頭へ

TOP | 新潟大学法学部とは | カリキュラム | 法学部生が語る