法学部生の声

あなたの不安や疑問を現役法学部生のリアルな声で解決します

学び編

JRP執筆

佐藤彩奈

法学部
佐藤 彩奈
SATO Ayana

JRPとは、ジュニア・リサーチ・ペーパー(Junior Research Paper)の略で、 いわゆる卒業論文のようなものです。自分が興味を持ったテーマについて、ゼミの先生の指導を受けながら、1万字から4万字の論文を書きます。このJRPは新潟大学法学部では卒業要件として課せられているので、JRPを書かないと卒業することができません。また、例年1月末にJRP発表会というものがあり、そこでは他のゼミの先生やゼミ生の前で自分の論文について発表を行い、質問にも答えなければなりません。

このJRPのテーマを決める時期については人それぞれです。
ゼミによっては、3年生の春から夏頃に決めなくてはならないところもありますし、また、自分の進路が確定してからでないとJRPに本腰を入れるのは難しいということで、進路が決まってからという人もいます。

しかし、JRPの提出が4年次の1月初めなので、逆算して、どんなに遅くとも4年次の秋頃にはテーマが決まっていないと、完成させるのが難しいのではないでしょうか。私の場合は3年生の秋頃からゼミで扱う議題を通じてテーマについて考え始め、しっかりと内容が確定したのはちょうど就職活動が終わった4年生の夏頃でした。

私がJRPの執筆に本格的に取り掛かり始めたのは9月ころからでした。4年生になってからすぐにゼミの先生にはJRPのテーマについて相談をし、それから自分なりにあれこれと考えていましたが、先程も申し上げた通り就職活動もあったので、テーマを設定し、実際に執筆に移ることが出来たのは8月ころになっていたと思います。

JRPの資料については、基本的には法学部資料室で集めていました。足りない資料については中央図書館も利用しました。また、CiNii(NII学術情報ナビゲータ)というデータベース・サービスを利用して、論文などの検索を行いました。

JRPの作成については、やはりかなり大変です。法学部では1・2年次に、民事法基礎演習や憲法基礎演習などで6000字から8000字位のレポートを書くという経験を積むのですが、JRPはその数倍の文量を書くものですし、JRP発表会を見据えて、それなりの質も備えなければならないので、たしかに苦労もあります。しかし、自分が大学生活を通じて興味を持ったことを深く調べ上げてみることは大学生としての集大成にもなりますし、JRPが完成した時の達成感は何ともいえないものがあると思います。

法学ゼミナール協議会

法学ゼミバレーボール大会の様子1

法学部
小林 怜央
KOBAYASHI Reo

新潟大学法学部に入学した時、皆さんは「法学ゼミナール協議会」という単語を何回も聞く機会があると思います。おそらく皆さんは、「これってどういう組織なのだろう」や、「ゼミ(いわゆる法政演習)とどう違うの?」といった印象を持つでしょう。法学ゼミナール協議会、いわゆる法ゼミ協は法学部生による自治組織であり、私自身は、法学部生が心地よく毎日の学生生活を過ごすための支援を行う組織だと、噛み砕いて解釈しております。ここでは法ゼミ協の活動について説明したいと思います。

新入生歓迎会

食堂を貸し切り、新入生同士の交流を行います。法学部のみでの交流会は実は貴重であり、この交流会で友達を作ったという方もいます。この新入生歓迎会により大学で交流を広げ、テストやゼミの情報を得る一助になることを願っております。

自主ゼミ支援

法ゼミでは、同じテーマについて自主的に学習を進めたい人達を、文献購入などを金銭的に支援する制度を設けています。各種資格試験や検定等にむけて勉強する仲間が3人以上集まれば自主ゼミ申請が可能ですので、自分と気の合う勉強仲間を見つけて、ぜひ法ゼミ室に申し込みに来てください。

ゼミ対抗バレーボール大会

法学ゼミバレーボール大会の様子2

法学部生は3年生からゼミに入りますが、そのゼミをチームとして年間に二回バレーボール大会を開催します。景品と賞金があるので、参加されるゼミの皆さんはかなりの意気込みで大会に臨んでいます。合同で出場するゼミもあるので、ゼミ内外の3・4年生と交流を深められる機会であり、運営側は賞金を手にしたゼミが意気揚々と祝勝会へ行く後姿を見守ります。

プチゼミ紹介

先述した通り、法学部生は3年生からゼミに加入します。ゼミの募集期間が始まる前に、自分のゼミの宣伝をしたいゼミを募集して、2年生にゼミの活動内容や雰囲気について発表してもらいます。ゼミは3、4年次における大学生活を大きく占めるものとなるので、2年生の皆さんが納得のいくゼミ選びができるように、私たち法ゼミ協が懸け橋となってお手伝いをします。

法紀作成

「法紀」というのは法ゼミ協の機関誌のようなものです。法学部生の学習の心得やインターンシップ体験記、就職・進学体験記など役立つ情報がてんこ盛りであり、主に新入生に有意義な情報を届けるために作成します。作成にあたって先輩や法学部資料室の方にお話を聞くので、そういったところでも交流が広がると思います。

このような流れで活動しております。地味な活動ばかりで、ここに記載したもの以外の雑務も多いですが、法学部生の皆さんのお役に少しでもたてればと願いながら活動しています。またコロナウイルスの影響により、法ゼミ協も歓迎会やバレーボール大会などの活動停止を余儀なくされたこともありましたが、来年度から形を変えるなどしてまた再開できるように邁進してまいります。

もし皆さんが、これから学生生活で不満を感じるようなことがあれば、ぜひ法学ゼミナール協議会に伝えてみてください。直ちに対応できるとは限りませんが、法ゼミ会員も同じ法学部生ですから、皆さんに共感し全力を尽くすべきであり、きっとそうすることができる組織だと考えております。私自身も法ゼミでもっと何かできることがないかと日々感じており、もっと活動の幅を広げていければいいなと思っております。今後とも法学ゼミナール協議会をよろしくお願い致します。

新潟大学法学部の魅力

留学生Aさん

新潟大学法学部の一番大きな魅力は、カリキュラムが体系的に編成されていることだと思います。法学の専門的な知識を学ぶ憲法、民法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法などの講義科目に加え、具体的な問題を分析して解決する能力やコミュニケーション能力を身に付けることができる演習科目が設定されています。

1年次の「スタディ・スキルズ」は、20人の小クラスで、自分の関心のあるテーマ(法学と関係なくてもよい)について発表して、先生と皆さんの質問に答えるという形式です。専門性のないテーマを題材として、情報の収集・整理能力や自分の言いたいことを相手に正確に伝える能力を身に付けることができます。

2年次においては、「憲法基礎演習」「民法基礎演習」「刑法基礎演習」という3つの基礎演習が開講されています。私は「民法基礎演習」と「刑法基礎演習」を受講しました。「民法基礎演習」では、5〜6人のグループに分かれ、グループごとにある裁判例について事実概要、判旨、問題の所在、最高裁の理論構成、学説の状況、判決の射程などを調べてレジュメを作って、発表をします。最後に班の意見を述べて、他の学生からの質問に答えます。私は、この演習を通して、判例を調べる方法、参考文献の書き方、レジュメの作り方などが分かってきました。そして、判例を調べる過程で、判旨や学説を理解した上で、自分の考えを持つようになりました。「刑法基礎演習」では、毎回2〜3名の担当者が、ある刑法上の重要な論点に関する説明と問題提起を行って、クラス全員でディスカッションをします。この演習では、多様な意見に耳を傾けつつ、自らも積極的に議論に参加することができます。論理的思考力とコミュニケーション能力を身に付けることができます。

3年次からはゼミに所属することになります。私が所属する刑事訴訟法ゼミでは、担当者がある刑事訴訟法に関する基本的な判例について事実概要、判旨、問題の所在、論点などを報告して、自分の意見を述べます。そして、担当でないゼミ員も自分の考えや質問を言います。また、先生は、判例に関連する条文や知識などについて詳しく説明を行います。私のゼミの先生は、実務経験を有していますので、刑事事件における捜査・公判の実際の姿や事件の背景事情なども具体的に紹介してくれます。

講義科目であっても演習科目であっても、授業の内容をよく理解するために、予習はとても重要なことだと思います。私は講義を受ける前に、配布された資料を読んで、分からない日本語や法律用語を調べた上で授業に出ます。ゼミに参加する前にも、自分が担当者であるときには、法学部資料室に行って、担当する判例について原審、原原審まで遡って、事実関係の詳細、判旨の全文などを調べて、学説や論点も評釈論文や教科書などで調べます。自分が担当者でない場合も、担当者が作ったレジュメをよく読んで理解した上で、自分の考えを持ってゼミに参加しています。

私は、新潟大学法学部で充実した生活を過ごしています。
毎日忙しいですが、楽しいです。

新潟大学法学部的魅力

留学生A

我认为新潟大学法学部最大的魅力是成体系的课程设置。除了学习法学专业知识的宪法、民法、刑法、民事诉讼法、刑事诉讼法等讲授科目外,还设置了能够掌握分析解决具体问题的能力和交流能力的演习科目。

大一的"学习技巧"这门课是在20个人的小班里就自己关心的主题(可以和法学无关)进行发表,然后回答老师和大家的问题这种形式。从没有专业性的主题开始,培养信息的收集整理能力以及能够把自己想说的话很好地传达给对方的能力。

在大二开设了"宪法基础演习""民法基础演习""刑法基础演习"三个基础演习科目。我上过"民法基础演习"和"刑法基础演习"。在"民法基础演习"这门课上,5~6人分成一个小组,大家一起对某判例的事实概要、判旨、问题所在、最高裁的理论构成、学说的情况、判决的射程等进行调查,然后制作讲义进行发表,最后陈述小组意见并回答问题。通过这个演习,我学会了调查判例的方法、参考文献的写法还有讲义的制作方法等等,并且在调查的过程中,在理解了判旨和学说的基础上,产生了自己的思考。在"刑法基础演习"这门课上,每次有2~3人的负责人对于某个刑法上的重要论点进行说明和提出问题,然后全班进行讨论。在这个演习上可以在听取多样的意见的同时积极地参与讨论,能够掌握逻辑思考力和交流能力。

从大三开始会加入研讨小组。在我所在的刑事诉讼法研讨小组里,负责人会对某个与刑事诉讼法相关的基本判例的事实概要、判旨、问题所在、论点等等进行报告,并陈述自己的意见。然后非负责人的小组成员也会说一下自己的想法和疑问。并且老师会对和这个判例有关的条文啊知识等等进行详细的解说。老师有实务经验,所以对于刑事事件的搜查、公判的实际情形和事件的背景情况等等也会具体地给我们介绍。

讲授科目也好演习科目也好,为了很好地理解课的内容,我认为预习是非常重要的事。我在上课之前会先读一遍发的资料,查好不会的日语和法律用语再去上课。参加研讨小组之前也是,我是负责人的时候,会去法学部资料室调查负责的案例的原审、原原审的详细事实关系和判旨的全文等等,关于学说和论点也会在评注论文和教科书里查找。我不是负责人的时候,也会在认真阅读并理解负责人制作的讲义的基础上,带着自己的思考参加研讨小组。

我在新潟大学法学部过着充实的生活,每天虽然忙碌但很开心。

生活編

男子寮に住む柳沼さんからのアドバイス

五十嵐寮外観

五十嵐寮廊下

法学部3年
柳沼 渓斗
YAGINUMA Keito

僕の住んでいる五十嵐寮男子棟は、キッチン・トイレ・風呂・洗濯機は共同で、一人一部屋個室があります。寮費としては、寄宿料が4,300円と光熱水料が約10,000円の計約15,000円です。
同じ階に住む同級生や先輩、寮母さんなど周りに人がたくさんいるので困ったことがあれば何でも相談できます。
寮のイベントもあり友達がたくさんできることが魅力の1つです!お互いに支え合いながら生活できます!

部活動編

法律相談部

在学生の声(法律相談部の部員).jpg

法律相談部集合写真

法学部
平良 彩那
TAIRA Ayana

はじめまして、新潟大学法律相談部第37代部長の平良彩那と申します。突然ですが、皆さんは「法律相談部」という名前を聞いたことがありますか?おそらく、初めて聞いた方も多いかと思います。そこで、この場をお借りして、法律相談部の主な活動について簡単にご説明をさせていただききたいと思います。

現在、法律相談部は全52人で活動しております。法律相談部は、年に2回、春と秋に行う、"無料法律相談会"を中心に活動をしております。相談会では、弁護士の立ち会いのもと、一般市民の方々からの相談に、私たち学生がお答えしています。普段の活動としては、定期的に"自主勉強会"を行い、相隣問題(ご近所トラブル)や相続問題(親族トラブル)など無料法律相談会で民事に関する様々な分野に対応できるように日々精進しております。

昨今の状況下から講義はオンライン講義が多く、同学部の友達づくりが難しいという声を聞きますが、法律相談部の部員は法学部生限定であるため、同級生だけでなく、個性豊かな上級生ともつながることができ、大学生活で不安なことなど様々な情報を共有したり、相談したりすることができます。また、すでに卒業したOB・OG(弁護士、公務員、銀行など)とも知り合いになることのできる機会があります。

ちなみに私自身が法律相談部に入って1番よかったことは、相談会で不安そうな顔でいらっしゃった相談者が「ほっ」とした顔で帰る姿を見たときにやりがいを感じられたこと、だと思います。学生ですが、学んだ知識をもとに実際に解決策を考えるということはとても貴重な経験であり、とてもやりがいを感じられます。

法律相談なんて自分にはとても...って方、全くそんなことはありません。部員全員が法律の知識が全くないところからのスタートでしたが、今では問題があればすぐ法律的に考えてしまうような「法学部生」になっています!最初は、授業の予習になるといいな、くらいの気持ちで入部してみてください!私自身2年間の活動を通して、周りの学生と比べると、とても良い経験を得ることができたと感じています。「法律相談部」という堅そうな名前にとらわれずに、ぜひ興味を持ってもらえたらと思います!

地域政策協働センター(GPnet)

在学生の声(GPnet).jpg

法学部
武田 いぶき
TAKEDA Ibuki

私たち、地域政策協働センター(GPnet)は、地域の方や行政機関と連携して、地域振興のための活動を行う、法学部の学生団体です。法学部の学生団体ですが、他学部の学生も参加でき、経済学部や工学部の学生も所属しています。

活動は、例年、十日町市や三条市、村上市に実際に足を運び、現地での活動を行っています。

十日町市では、地域の秋祭りに参加し、お祭りの手伝いをさせていただきました。地域の方がとてもあたたかくて、楽しい思い出がたくさんできます。

村上市の活動では、長津地域の子どもたちと「さまぜみ」を行っていました。「さまぜみ」とは、小学生の夏休みの学習支援とレクリエーションを行う、キャンプのような活動です。長津地域の歴史かるたを作って遊んだり、ピザを作ったりします。子どもが好きな方にお勧めです。2泊3日長津地域で過ごすので、地域の方との交流も深まります。

三条市では、NPO法人「まちづくり学校」さんの「まちあるきサポーター養成講座」を受講しました。実際に歩きながら、三条市の地形や産業、歴史を学び、それを踏まえて、実際にルートづくりを行い、受講後は、修了証をいただきました。(写真)三条市で定期的に行われる朝市に行ったり、パンフレットを作った年もあります。

コロナ後の活動では、三条市の活動でお世話になった「まちづくり学校」さん主催の「ブラニイガタ」というイベントで、まちあるきを企画立案・実施させていただきました。遠方での活動が難しかったため、大学周辺(内野)でのまちあるきとなりました。

地域に赴いて、地域の人と関わる活動では、人の温かさやその地域ならではの良さを知ることができ、そのような地域を盛り上げたいという気持ちが強まります。また、ほかの機関と連携して行う活動では、連絡や日程調整、企画の進行など社会人になってからも必要なスキルを学ぶことができます。

新潟の地域について知りたい、地域の人と関わりたい、外部と連携して企画を進めてみたいなど、これらのことに少しでも興味のある方、GPnetの一員として、一緒に活動してみませんか?

オリエンテーリング部

丸山幸太

法学部
丸山 幸太
MARUYAMA Kota

皆さんこんにちは!私はオリエンテーリング部に所属しています!オリエンテーリングとは山や公園などで決められたチェックポイントを順番に回ってタイムを競うスポーツです。知名度はあまりないですが、走力に加えて地図を読んでルートを考える知力も必要な非常に面白いスポーツです!私たちの部では毎年2回開かれるインカレ(大学生の全国大会)での入賞を目標に掲げて活動しています!

平日は大学内でキャンパスを使ったオリエンテーリングや走るトレーニングをし、休日は全国各地で開かれる大会に参加したり自分たちで練習会や合宿を主催するなどして活動しています。

ここまで聞くと厳しい部なのかな?といった印象を持つかもしれませんがそんなことはありません。まず、オリエンテーリング部は活動への参加が基本的に自由なので自分の講義やバイトの都合に合わせて行きたい活動に行くことが出来ます。部員の中にもオリエンテーリングも学業も成績優秀という人は数多くおり、部活と学業の両立がしやすい団体です。

オリエンテーリング部集合写真

オリエンテーリング部競技の様子

また、オリエンテーリングはほとんどの人が大学から始めます。インカレで優勝した人でも競技を始めたのは大学からという人も多いです。つまりみんなスタートラインは一緒なんです。みんな経験者なのに自分だけが初心者だ...なんてことになる心配はありません。自分の努力次第ですが、もしかしたら未来のインカレチャンピオンにもなれるかもしれません!

オリエンテーリングの楽しさを知るには一度実際にやってみるのが一番なので、何か運動できる団体に入りたい、大学から新しいことを始めてみたいと思っている人はぜひ一度オリエンテーリング部に来て体験してみてほしいです!部員もみんな個性的だけど優しい人たちなので部の雰囲気の良さも感じてもらえると思います。オリエンテーリング部に入れば、普通に大学生活を送っていたら経験できないことをたくさん経験して充実した日々を過ごせますよ!この記事を読んでくれた方がオリエンテーリング部に来てくれるのをお待ちしています!

漫画研究部

漫画研究部立て看板

法学部
野崎 大智
NOZAKI Taichi

皆さんこんにちは!私は漫画研究部に所属しています。漫画研究部は、漫画やアニメが好き、漫画やイラストを描くことに興味があるという方々が所属しています。

漫画研究部の活動日は週2で、部誌の作成・締め切りや新大祭などの行事が迫っているような時以外は、基本的に各人が思い思いの作業に取り組んでいるような場合が多いです。例えば好きなキャラの模写に励んだり、同好の士を集めて一つのテーマ(例:好きなアニメキャラ)に沿った小冊子を作ることだったり、友人たちと談笑したり、とにかく様々です。活動内容には有志によるコミックマーケットへの参加などのイベントもあり、ただ絵を描くだけでなく、その実力をアピールできる機会も用意されております。

漫画研究部販売物

漫画研究部会計ブース

私がこの部活に入ったのは単純に絵、特に漫画系のものを描くことが好きだったからですが、大学内で落ち着いて絵を描ける場所はないか探したところ、この部活を見つけました。漫画研究という名前から何をするのだろうと最初は思いましたが、前述のように各人が楽しく絵や漫画を描いている雰囲気に興味を持ち、入部しました。

絵が好きだ、アニメ・漫画が好きだ、絵を練習する場所が欲しい、同好の士が欲しい、すこし絵に興味があるだけという方、どなたも大歓迎です。是非とも漫画研究部へお越しください!お待ちしております!"

法学部生の声関連トピックス